スキンケア講座

スキンケア講座

HOME >>  スキンケア関連 > 肌荒れが起きたときのスキンケア方法

肌荒れが起きたときのスキンケア方法

肌荒れがひどくて、化粧水や洗顔料がしみるようなレベルの敏感肌の人は、毎日のスキンケアも苦痛に感じることがあります。では、敏感肌と上手に付き合っていくためには、どのようなスキンケアを施したらよいのでしょうか。

まず、洗顔料をつけたときに肌がヒリヒリする場合は、無理に洗顔料を使わないことです。このときは、自身が心地よいと感じる温度のぬるま湯で肌の汚れを落とすだけにとどめておきます。肌荒れがさほどひどくない場合は、弱酸性の洗顔フォームを使って顔を洗ってもかまいません。自分の肌の調子に合わせて、お湯洗顔と洗顔料を使い分けましょう。

ただ、洗顔料を使うときは、ネットなどでもちもちの泡を作って、その泡を肌に軽く乗せるようにして、円を描くように洗うことです。このようにするのは、手の刺激でますます肌荒れがひどくなるのを防ぐためです。
次は化粧水ですが、これも肌荒れがひどいときは使用しなくてもよいです。ですが、肌荒れを改善するためには保湿が肝要なので、よほどの理由がない限りはつけた方がよいでしょう。化粧水をつける際には、パシパシ叩くようにつけるのではなく、手を1~2回ほど、押し当てるようにつけます。それから乳液で蓋をして、肌の水分が飛ばないようにします。

このときの注意点として、化粧水をつけるときにあまり時間をかけすぎてはいけません。肌表面の水分が蒸発してしまい、乾燥を招いてしまうからです。乾燥は肌荒れを起こす要因になるので、長時間のスキンケアは逆効果です。肌荒れが起きたときのスキンケアは、第一に「ヒリヒリしない」ことを重視しましょう。保湿アイテムや洗顔料は、肌にしみないものだけを使用しましょう。そうすることで、肌荒れの症状が軽くなることもあります。

© 2014 スキンケア講座 All Rights Reserved.