スキンケア講座

スキンケア講座

HOME >>  スキンケア関連 > しわ対策のためのスキンケア

しわ対策のためのスキンケア

いつまでも生まれたての赤ちゃんのようなスベスベのお肌でいられたら・・・と思いますよね。
でも、乾燥やストレス、紫外線、化粧品、食生活、喫煙など、お肌にダメージを与える要因はたくさんあります。

顔にできるしわも、加齢や日常生活の積み重ねが合わさってできてしまうものです。少しでもしわを食い止めるためにも、女性にとって毎日のスキンケアは欠かせません。
しわ対策のためのスキンケアを考えるにあたって、まずはしわの種類について見ていきましょう。
まず皮膚の構造は、表面から奥に向かって、「表皮」「真皮」「皮下組織」という3層構造に分かれています。

よく化粧水や保湿液などのスキンケア商品で聞く「角質層」というのは一番外側の表皮にあり、乾燥すると小じわができることがあります。これは、20代の若い女性にも見受けられるもので、比較的浅いしわと言えます。
小じわの場合は、角質層に水分や油分といったうるおいを補給することで、改善される場合がほとんど。

表皮の奥にある真皮層まで刻まれたしわは大じわ(真皮じわ)で、コラーゲン線維やエラスチン線維といった、真皮に無数にはり巡らされた線維が劣化したり変質することが大きな原因となります。
この大じわは、額のしわやほうれい線などという形で出やすく、とりわけ年齢を感じさせるものです。
コラーゲン線維やエラスチン線維がダメージを受けずにしっかりと表皮を支えた状態であれば、ハリと弾力のあるお肌を保つことができます。

奥の真皮層にある、2つの線維を破壊させてしまうのが紫外線。
洗顔後の化粧水や保湿液、クリームなどは万全でも、紫外線対策を怠ってしまったら努力が水の泡です。
それくらいダメージが強くしわとの関係が深いのが紫外線なので、スキンケアの一環として、UVケアも忘れないようにしましょう。

© 2014 スキンケア講座 All Rights Reserved.